単身赴任にはもってこい?マンスリーマンションのメリット

割安費用での利用が可能!

単身赴任をするとき、滞在中の住まいをどうするかがネックになります。勤務先の寮や社宅などが利用できると理想的ですが、そのような設備がない場合はマンスリーマンションの利用を考えましょう。マンスリーマンションには家具家電付きタイプも少なくありません。そのため、生活に必要な冷蔵庫や洗濯機などを用意しなくても済みます。単身赴任から戻ったときに、家財道具の置き場に困らないことも大きなメリットではないでしょうか。荷物運搬にともなう費用が掛からない点にも注目されます。何よりも、一般的な賃貸住宅よりも割安費用での利用が可能です。
なお、単身赴任の諸費用について、勤務先がどれくらい負担するかが大きな課題になります。しかし、勤務先からの補助が大きい場合でも、個人の出費を抑えることが望ましいのではないでしょうか。

一般的な賃貸住宅と同じような生活が可能!

単身赴任中は、これまでの生活環境がガラッと変わります。もし、数日間なら我慢できるかもしれませんが、単身赴任が長期にわたる場合はいろいろな面で不自由さを感じます。食事も大きな課題です。コンビニ弁当や外食ばかりでは栄養が偏るだけでなく、生活費も高く付くのではないでしょうか。
しかし、マンスリーマンションを利用することで、一般的な賃貸住宅と同じような生活が可能です。台所があるので自炊OK。洗濯機が備わっているため、コインランドリーまで走らなくても済みます。また、基本的に門限がないため、残業で遅くなったときなどでも安心ではないでしょうか。このように、マンスリーマンションには生活の窮屈さを感じにくいメリットがあります。