安心・安全!最近のマンスリーマンション事情

マンスリーマンションのセキュリティが進化している

女性の一人暮らし、新しい土地での新生活を考えている方にとっては、マンスリーマンションのセキュリティ事情について、気になっている方も多いのではないでしょうか?近年のセキュリティ対策は、オートロックにて正面ゲートを守られている物件も多く、防犯カメラの設置、インターホンがカメラ付きである為、不審者を正面ゲートで足止めすることが出来ます。また、オートロックなしの物件であっても、金属のカギではなく、暗証番号のロックシステム使用になっている物件も多くなりました。そして、不在時のセキュリティにも対応し、オンラインで信号を送るセンサーなどが設置さてれいるところもあり、不在時のセキュリティも万全な物件が近年は増えているのです。

火災・ガス漏れ・防災対策について

毎年多くの火災が起きています。集合住宅は、本人が気を付けていても、沢山の方が住んでいるため、火災の原因を根絶するのは大変難しいことです。近年、マンスリーマンションは防災の取り組みも行われています。各部屋には、熱感知器を設置することにより、異常を基地局に知らせることが出来ます。基地局は、必要に応じて消防署に出動要請します。また、ガス漏れに関しても、ガス感知センサーによって、明らかに異常なガスの量を感知したら、自動的にガスが遮断される仕組みになっています。日本は島国でもあり、震災は免れることが出来ません。大震災などで、ガス漏れが発生し、火災が起きる二次被害も多く報告されています。ガスを遮断することにより、二次被害の火災を防ぐことも重要になるからです。